サプリの効果の大小と思い込みとの関係

サプリの効果の大小と思い込みとの関係

私たちのお腹の環境は、メンタルに左右される一面があります。
そもそも人間の健康は、ストレスと大きな関係があります。心理的な負担が大きくなってしまっていれば、身体は不調になってしまう傾向があるのです。逆にメンタル次第では、身体が健やかになるケースも多々あります。

 

サプリの効能は思い込みに影響される事も

 

ところで乳酸菌の商品の中には、かなり売れ行きが良い物が見られます。サプリに対する口コミなどを見てみると、人々の腸内の改善されている事例が多く紹介されていますね。ですのでサプリなどは、確かに効果は見込めると考えられるのです。
ところでそれとは別に、メンタル的な意味でお通じが改善されているケースも多々あるようですね。なぜなら「このサプリは効果がある」などと思い込んでいると、実際に効果を発揮してくれるケースが多々あるのだそうです。

 

例えばサプリAを服用する時に、「このサプリは全く効果が無いだろう」などと思い込んでいるとします。それでしばらくそのサプリAを服用してみても、効果が見られないケースがあるのですね。逆に全く別のサプリBを服用する際、前述のように効果がある等と思い込んでいたとします。その際には、本当に効果を発揮してくれる傾向があるのです。

 

ここで注目するべきなのが、上記のAとBに対する思い込みですね。Aというサプリが全く効かないと強く思い込んでいると、実際それは身体に対して働きづらくなる傾向があります。人間のメンタルというのは、想像以上にお腹の環境に影響を及ぼすものなのです。
そしてBというサプリに対してそのような感情を抱いていると、やはりサプリの効果も大きくなる傾向があります。思い込みの力というのは、想像以上に大きいのですね。

 

そして売れ行きが好調なサプリに対しては、人々は期待感のようなものを抱いています。つまり上記のサプリBに対する感情と、ほぼ同じような期待感を抱いている訳ですね。その思い込みの力も手伝って、よく売れているサプリは人々に対して効果を発揮しやすいと言われています。

 

つまり乳酸菌のサプリがお腹に対して効果を発揮してくれるか否かは、思い入れ次第とも言えるのですね。メンタルの力というのは非常に大きいものなのです。
ですので私たちが腸内環境を改善させようと思うのであれば、何かの商品に対して強い思い込みを持ってみるのも一法でしょう。上記のBのように思い込んでみると、お腹は劇的に改善されるかもしれませんね。